問題はここ、要注意

新しいステージを製作にあたって問題点は
旧作品との結合にすんなりバリアブルレールを使えば良いのですが
フレキシブルレールを使用します、場合によっては通電が悪く過去何回もトラブルの原因になっています。要注意・・・
接続良しのつもりで固定すると大変なことになる。一からのやり直しはつらいです。

もう一つの問題は狭いレイアウトでの高低差の付け具合
勾配がきついと列車が登れない、我がレイアウトでは再三問題になっていますが
おかげで山岳路線として単行から4両編成までの運用が通常です

今回も急勾配は避けられませんが
頭の中の図面はどんどん変わって行く気配。
明日はどうなるか、楽しみ有り不安有り

カテゴリー: ジオラマ, 東予モデラ―ズサ―クル, 趣味の世界, 鉄道模型   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">