ポ二ョの海


どこから見ても透きの無い素晴らしい作品と思います。
レールの錆、線路脇の雑草の生え具合、道路の汚れも良いし、何といっても堤防が干満によってできる汚れまで表現してる、びっくりです。
砂浜と波打ち際の藻、グラデーションが抜群・・・
静かな内海の表現、今にもポ二ョが飛び出してきそうな、釣り人もびっくりでしょう。
もう一度マジマジと観察したい作品の一つです。
刺激されました。
参りました。
粗さがし、したい・・・。
倒れかけた架線柱が一本が見つかりました。

カテゴリー: Nゲージ運転会, ジオラマ, 東予モデラ―ズサ―クル, 鉄道模型, Nゲージ   パーマリンク

ポ二ョの海 への1件のコメント

  1. inai より:

    作品の紹介、ありがとうございます。
    先の東北大震災前年に作成し、その時は海は無く、砂浜だけでしたが、ようやく海を作る事が出来ました。
    架線柱ですが、現在の固定方法は、架線柱に0.4ミリの真鍮線を通し、ベースに穴を開けてそこに差し込むといった方法にて行っております。ベースとは接着してません。
    今後の対策ですが、小さな磁石をベースに埋め込み、架線柱の土台に鉄のプレートを仕込み、磁力で密着させる方法はどうかな?と思っております。
    これですと、線路の清掃時に取り外す事も出来るのではと思っております。
    まあ計画の段階ですので、本番ではどうなるか…
    来年も楽しみですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">